メニュー

スポーツ整形

スポーツ整形外科にも力を入れて参ります。

スポーツ整形外科の難しい点としては、治療を優先するべきか、スポーツを優先するべきかを考える必要があります。

スポーツ推薦などでスポーツで結果を出すことを求められている立場の選手もいます。

通常の医療でしたら、治療を優先すべきでしょうが、疾患や状態によってはスポーツをしながらでも、治療を目指すこともできます。

何を優先すべきかは、それぞれの選手の状況によっても異な里ますので、それぞれの状況に向き合いながら、それぞれのゴールを一緒に目指せていければと思います。

その中でも治癒を早めるために、体外衝撃波治療器であるデュオリスとPFC~FDという自由診療治療にも挑戦しております。オスグッド・シュラッダー病やシーバー病、上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎、アキレス腱炎、肩関節周囲炎、疲労骨折などにも効果が期待できます。

セルソース、不妊治療を目的としたPFC-FDの加工受託開始 産科・婦人科向けに事業領域を拡大へ|セルソース株式会社のプレスリリース

集束型 SHOCK WAVE】DUOLITH(デュオリスSD 1)導入施設のご紹介 – 日本メディカルネクスト

 

論文紹介

ACL損傷、半月板損傷に有用であったという論文を紹介します。

 2022 Mar Exp Ther Med

Efficiency of platelet-rich plasma therapy for healing sports injuries in young athletes

半月板損傷と診断された72人の若いアスリートに対して、安静のための固定後に一次治療の強化としてPRP療法を施行した。PRP療法後に痛みが改善し、評価スコアが改善したことを明らかにした。同時に、患者の83.3%がスポーツや毎日の身体活動に戻ることができた。PRP療法は、安全で管理が簡単で、痛みの軽減に効率的で、部分的な半月板またはACLの涙を持続した若いレクリエーションアスリートのためのスポーツ活動の再開であると結論付けることができ、痛みの軽減の面では、PRP療法はACL損傷を持つ若い患者にとってより効率的であるようです。

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME